少額で投資を始める

不動産

不動産投資で失敗をする主な原因は空室です。しかし、不動産投資信託であれば、空室リスクをかなり低減できるため、失敗する可能性も小さくなります。投資金額も少額で済むため、分散投資も簡単に行うことができます。

Read More..>>

慎重に借入をしよう

物件選びが大切な不動産投資は失敗しないで行ないたいものです。メリットやリスクを知っておくと投資を成功させることができます。

返済計画が重要です

不動産

不動産投資で失敗するケースは概ね決まっています。それはキャッシュフローの悪化が原因です。家賃収入内で返済することが前提ですが、空室などが発生した時に、手元資金で数ヶ月分賄えるようにしておかないと、直ちに物件を売却して借入金を返済しなければならないような状況に陥ってしまいます。入居者がいるときに、常にキャッシュフローをプラスにするためには、不動産投資をするための資金調達を金融機関からする際に行うシミュレーションがとても大事になってきます。ここを間違うことがなければ、不動産投資で失敗する可能性もかなり小さくなります。ここで気を付けるべきことは、どれくらいの期間、借入をすることができるのかという点です。

法定耐用年数を確認しよう

不動産投資をするための融資の借入期間は投資物件の法定耐用年数の範囲内と決まっています。例えば、法定耐用年数が50年で、築年数10年の中古ワンルームマンションを購入するために融資を受けようとする場合、借入期間は40年が最大値となります。つまり、築年数が古くなればなるほど、借入可能期間は短くなり、その分、借入金額が同額であれば、月の返済額が大きくなるのです。ここで無理して毎月持ち出しをしてでも融資を受けようとすると失敗の可能性が高くなるのです。逆を言えば、この点を気を付けていれば、余裕をもって不動産投資を行っていけます。もちろん、現金で投資物件を購入して不動産投資をすれば失敗の可能性は小さくなります。

不動産の投資

不動産

不動産投資は毎月賃料収入が入るという点でサラリーマンにとっては魅力ある収入増加の方法となっています。しかしリスクも伴い失敗することもあります。それを回避するには長期的見地に立ち、立地と時代の流れを把握した上で空室の出ないありとあらゆる方法を取ることが必要です。

Read More..>>

収入を安定させよう

不動産

中古ワンルームマンションでの不動産投資で失敗しないためには、早いうちに複数戸保有することが重要です。もしも、資金的な面から複数戸保有することが難しいようであれば、上場不動産投資信託で資産運用をしてみましょう。

Read More..>>